2013年 JIBsの危機

  • 2013.02.01 Friday
  • 12:58
 日本とイスラエル・英国の3ケ国を指す「JIBs」(ジブス)が国際社 会の懸念材料として意識し始めたといいます。

(1)JAPAN(日本)
  
  竹島問題で韓国と対立
  尖閣諸島問題で中国と対立
  アジアでは中国の軍事的、経済的な台頭が著しい。
  欧米からみれば、日本は韓国や中国との関係悪化によって
  アジア地域に緊張をもたらす存在とも映る。



(2)Israel(イスラエル)
 
 1月30日イスラエル軍機が、シリアの首都ダマスカス郊外にあ    る「化学研究施設」を空爆した。
 また、イスラエルは核開発を続けるイランへの攻撃を再三にわたって示唆



(3)Britain(英国)

  英国キャメロン首相は23日の演説で、英国のEU離脱を問う
ために国民投票を実施すると表明。
  債務危機の克服に向けて、EU各国が進める財務統合や金融
監督の共通化にも反対し、孤立感を深める英国。



「JIBs」の3ケ国について、ユ−ラシアグル−プのブレマ−氏は
「いずれも米国の同盟国。10年、20年先をにらんだ関係を米国
とどう築くかが注目される。」と話す。

ぜひ、安倍政権において対中国との問題を穏便に進めてもらいたい。さもなければ、中国は自分の首を自分で絞めることになっても
体面から戦争に向かうことも考えられる。 

スポンサーサイト

  • 2018.10.18 Thursday
  • 12:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    recent comment

    recent trackback

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM